個人事業主1年生でもわかる!使いやすい会計ソフトの選び方と使用方法!

サポート体制が充実している

帳簿は事業を営んでいる以上、作成しなければなりません。売上が全く発生していなかったとしても材料費や家賃、備品の購入費用などは発生しているので、損失という形でも帳簿を作成して確定申告を行います。
帳簿は手書きで作成しても良いですが、会計ソフトを使用する形でも問題ありません。会計ソフトはパソコンに取引内容を入力するだけという使い方なので、基本を理解してしまえば難しいことは一切ありません。
また、会計ソフトを導入して有料プランを利用するとサポートを受けることができます。入力の仕方がわからない時や処理で迷った時などの際に質問可能です。ですから、個人事業主としてビジネスを始めるのであれば、スタートの段階から会計ソフトの使用をおすすめします。

入力するだけで帳簿が完成

ビジネスのアイデアを活かすために個人事業主として開業する場合、会計ソフトを利用すると事務作業の負担を減らすことができます。導入すると手書きで帳簿を作成しなくても良いので、他の作業に充てられる時間が多くなります。 会計ソフトは売上げがあった時や備品を購入した際などに取引を入力します。すると、自動的に帳簿が仕上がるので印刷をすれば確定申告の際に提出する書類が完成します。会計ソフトに取引を入力する頻度は必ず毎日行う必要があるというわけではないです。 日付を自由に設定できるので、過去の取引でも後で問題なく入力することができます。ただし、入力作業が遅くなってしまうと取引内容の記憶が薄れるため、早めに行った方が間違いは減ります。

給与計算ソフトを使うと、給与を手計算しなくてよいというメリットがあります。社会保険料改定などがある場合に、自動で更新してくれたりするので便利です。(ソフトによる)