会計ソフトの比較と選び方のポイント!

そもそも会計ソフトとは?

会計ソフトとは、財務会計業務用のソフトウェアです。日々の売上金などの仕分けの入力から、最終的な決算書の作成まで、会社の財務関係の処理をトータルで行えます。過去数年分のデータと比較可能なものが多いですので、会社の業績がアップしているのかどうかが一目瞭然にてわかります。最近では、クラウド対応型のソフトも登場していますので、社員全員にてデータの共有が可能です。また、クラウド型の会計ソフトは、インターネット経由にてプログラムとデータを利用しますので、ソフトの利用料も必要最小限に抑えることが可能です。ただし、データはインターネット上に流れていきますので、しっかりとしたID管理とパスワード管理が必要になってきています。

上手な会計ソフトの選び方

最近販売されている会計ソフトは、機能的な違いはあまりありません。金額に上限があったり仕分け数に上限があったりすることがあるので、カタログスペックにて確認しておきましょう。
ただし、会計ソフトごとに、過去何年に渡って会計状態の比較ができるかなどの細かいスペックは異なってきます。また、廉価版の会計ソフトでは、予算と実績の比較ができない場合もあるので、これらの機能がついていることをしっかりと確認しましょう。
また、税理士事務所や会計事務所がどの会計ソフトに対応しているかも大切です。税理士事務所などでは、すべての会計ソフトに対応しているわけではありません。初めての会計ソフトの導入であればコストメリットを考慮するとクラウド型がオススメです。

勤怠管理を手書きでしている事業所がまだまだ多いですが、手計算して間違いが多かったりととても手間と時間がかかります。タイムカードが簡単で良いです。ハローワークに提出するのも簡単です。